« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

月末。

6月最後の更新。実はもう7月なわけだが。

研究室飲み会。
 新勧とか内定祝いとかその他もろもろあわせてお祝い飲み会。つい先日うちに配属になったM1の方の「奇術同好会?」という発言でついに教授にばれてしまった。「結構本気でやってます」といったところずいぶんと興味を持っていただいておもしろがってくれた。やはり教授になるような人は好奇心がつよいのか?「パーティーとかでやってもらわなあかんな」やはりそう来ましたか、と。
 実演を軽くもとめられたのでデザート用のスプーンをぐにゃっと曲げて戻す。最近はこんなカードもコインも使わない手品がお気に入りなのです。このスプーン曲げは練習してる甲斐あって一瞬何人かの表情が変わったのがおもしろかった。一般の人にさらっとみせるのはこれくらいが一番いいのかもしれない。

教授「でも○○君は演じるのとか苦手そうやな」
遊「どうでしょう?でも舞台は大好きです。舞台の上で演技して歓声を浴びると生きてるって実感します」

 みんな意外そうな顔してました。ちょっと大きいこと言いすぎたかも。でもやっぱ舞台はいいよ。頑張ってもう一度舞台に立とう。うちの研究室は他にもダンスやってる人とかフィギュアスケートやってる人がいてなんか面白い。一度話し合ってみたいね。いろいろと参考になると思う。

先輩に「昔は会長で今は連盟委員長だ」というといつのまにか「関西No.1」という設定になった。なんかだんだんえらいことになってきたぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月29日 (水)

終了。

終わったー!!!

 終わりました。これでようやく実験&院試に集中できるわ。ってまだ実験あるのかしら?とりあえず6月はもう休憩ということで。7月からまた頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月28日 (火)

多忙。

初めての休日出勤。
 休みの日は働かない!というのが一つの目標なのだが少しやばい感じがしてきたので泣く泣く出勤。誰もいないから音楽をガンガンかけながらパワポ作製。意外と快適。冷暖房完備だしソファーも冷蔵庫もあるし一人ならなかなか素敵な空間かも。少し遠いのがつらいけど。

「必ず誰かが遅刻する!」
 あるある探検隊!てな感じで。連盟会議@梅田。だらだら居座れる店を探して勘でウロウロ。今回はわりといい感じなお店でした。パリジェンヌ大好き。仕事はというと連盟委員長はハンコおしまくるだけ。でも連盟レクチャーに関してはわりと真面目に交渉したりしてるのです。素敵な手品が見れたらいいな。楽しみですね。

 舞台の上でも日常生活でも上手に嬉しそうな顔ができると得ですね。その嬉しそうな顔のためにまた何かをしてあげたくなる。わかっているけど騙される。そんな人が羨ましい。そんな人になりたい。手品をしている時には「お前ほんまに楽しそうやなぁ」とか「めっちゃ嬉しそう」とか時々言われるのだが日常生活ではどうもこの表情が下手だ。おかげでずいぶんと損をしている気がする。・・・練習は全てを解決する(らしい)。練習しよう。

 右膝が痛い。一週間くらい前から治らない。選手生命の危機かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日)

嫌悪。

勢いづいて連続更新。

何が嫌いって虫が嫌いなのである。
 もう滅茶苦茶嫌い。出来れば一生触りたくない。外国のとある作家は「どう考えても異次元の生き物だ」とのたまったそうだが私もまったく同じ意見だ。昔は人並みにセミを採ったりカブトムシを育てたりしたのですが高校生になるころにはもう全部嫌になった。スズムシとかいい声の虫は嫌いじゃないけどやっぱり姿はみたくないね。
 そんなわけで私の部屋には対ゴキブリ用の毒薬がわんさか仕掛けてあるわけなのですが、今日トイレに出たんですね。奴が。まぁめっちゃ小さい奴(5ミリくらい)で私でもなんとか退治できたんですけど、一匹でも「いた」という私の心の平安を乱すにはもう十分なわけです。夜寝てるときに襲ってくるんじゃないかと思うととても安眠なんかできません。そんなわけで夜中にドンキホーテまで新しい毒薬を買いに行く私。20畳分くらい買ってきたので一安心。頼むからこれ食ってどっか他所で死んでくれ。

 で、ここからが本題。「ゴキブリ用の殺虫剤にゴキブリの絵を描くな」といいたいのですよ。なんでどの商品もこれ見よがしにかくかねぇ。だいたいこういうのを買う人は滅茶苦茶奴らが嫌いなわけです。実物だけでなく絵も見たくないのです。昆虫図鑑なんか触れません。漫画化するとちょっとはましだけどやっぱりやだ。そういう人を対象にした商品なのになんで描くんだ。もう買う気激減ですよ。がっかり。製薬会社の人は気付かないのだろうか?今ある商品から虫の絵を除くだけで売り上げ倍増だと思いますがねぇ。あとテレビCMも勘弁して欲しい。食事時に虫の映像を流すな。CGとかで無駄にリアルだからもう最悪。

そんなこんなでもう疲れ果てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

週刊。

ほぼ週刊Y-modeです、こんばんは。

研究。
 ピンチ。次々とがっかりな事実が明らかになっていく。やばいなぁ。でもやっぱ結果のわからない実験てのはわくわくしますね。解析結果を見る瞬間とか先輩と大盛り上がり。今までやってた過去レポどおりの実験とは全然違う。来週はどうなるんだろ?いつから院試勉強できるんだろ?

ホップ。
 ようやくリングの手順が決まってある程度見せれるようになってきたので積極的に投入してみる。まずまずの出来。難しいな、と思ったのはお客様にリングを調べさせる時間か。あまり短いと気が散ってしまうし、あまり長いと演技がだれる。お客様の反応を見ながらコントロールしないと駄目ですね。
 カードアンダーザグラス、失敗というかなんというか。最悪の瞬間ではなかったので驚きはあったのだがなんとも微妙な結末に。まさか氷があんなに音立てるとは思わないですわ。今度からは氷の状態にも気をつけよう。まぁいろいろと条件が揃わないと出来ないからあまりやらないけど。

 久々にランス・バートンさんの演技をビデオで見たのだがあらためて痺れてしまった。やっぱ違う次元で演じているお方だ。鳩、カードに限らず見れば見るほど何かが学べる演技です。とりあえずステージやるなら最低10回くらいはみておけということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月22日 (水)

準備。

準備。
 昨日はミーティング準備。今日は輪講準備。頑張った。今週一週間分くらい頑張った。でもまぁあしたもうひと頑張り。早く院試勉強したいなぁ。英語とかかなりやばい。
 とかいいながら7月8月は仕事(手品の)をいれまくる予定なのである。遊びにもいきたいし。本当に大丈夫なのかなぁ。もし落ちたら半年くらい手品しながら世界をまわってみようか。そしたら英語も上達しそうだし。

 一回生が練習に加わっていろいろ思うのです。某マニアさんが「レストの手は逆に怪しいと思う」と言ったのがなんかもう。ちょうど3年前、私もそう思ったよ。コインマジックやってると特にそう思ってしまうのよね。ステージでの身のこなしを本格的に意識しだしたのは3年目に入ってからでした。
 とりあえずいろんなものを大きく大きく。動作も。表情も。感情も。自信も。小さな現象を大きく見せれる人が上手い人だと思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

祭典。

奇術の祭典。
 数ヶ月前は出るつもりだった舞台。やっぱ見ないわけにはいかんでしょうというわけで見に行く。

 今年は今まで(といっても過去三回だが)で一番レベルが高かったと思います。あちゃ~という人はほとんど、というか一人もいませんでした。まぁスピード狂な観点からみれば退屈なのもいくつかあったけどみんなそれぞれいい演技でした。以下印象にのこった演技を少し。(と思ったらパンフを紛失。がっかり。ごちゃごちゃ落書きは手帳にしておいたので助かった)

カード。
 21歳。同い年。カッコイイ方でうちの部員からおば様方まで女性陣に大人気でした。ちぇっ。見た目だけでなく技法もしっかりしてました。ファンカードがほとんどだったのですが綺麗でしたし。3つ子ファンを開いたのにちょっとびっくり。うちの伝説とは違うやり方みたいでしたけど。まぁミリオンな感じはあまりしなかったのであれくらいなら出てもいいじゃん、とか思ったのはアレということで。

最年少。
 こりゃ反則だね。今日はこの子の一人勝ちかも。5歳ですよ、ありえん。ネタのセレクトも良くて会場全体見事にやられてました。手拍子も起こったし一番の拍手をとったのは彼でしょう。それにしても堂々とした演技だったなぁ。

さいごのおじいさん
 私的MVPはこの人。メリケンハットだったのですが本当に楽しそう。独特な動きがキャラにあってるというかなんというか。おまけに結構やりたい放題です。お客さんに手振ったり声かけたり。それがちっとも嫌味じゃないのはやっぱ愛嬌とタイミングの問題なのでしょうね。すごいなぁ。あれこそアマチュアが目指す演技だと思います。プロにはできない、アマチュアだけの演技ってのもたくさんありますからね。もちろん技法も上手で凄く不思議でしたよ。


 全体的にアマチュアのいいところがたくさん出たいいショーだったと思います。来年は出るのかなぁ。出れるのかなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

失敗。

久々に仕事。
 明らかに勘が鈍っている。腕はたいして変わってないと思うのだけれども、お客さまのテンションをコントロールしたり、ツッコミを切り返すのが下手になってしまった。やっぱ人にみせなきゃいかんな。
 気分を変えようと久々にトライアンフして失敗。ばれたわけではないのだが最後にお客様のカードが出なかったのだ。私の方がびっくり。さすがに謝るしかなかった。どこも失敗してないはずなのに・・・コントロールミスなのかなぁ。やっぱ腕も落ちてるのかもしれん。
 次回はもっと頑張ろう。

真面目な話はまた延期。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

飲酒。

飲まなきゃやってられませんよ!
 というわけでもないのだが近くのスーパーでカルーアが安売りされてるのを見て衝動買いしてしまった。そんなわけでカルーアミルクを飲んでいるのである。美味しいなぁ。ウィスキーとかブランデーとかも大好きだけど甘いお酒も大好き。牛乳だから体にもそんなにわるくないというか、むしろ良いのじゃないかと思うのだがそれは間違ってるのだろうか。

'`ィ(´∀`∩
はい、遊くん。
・・・すみません、間違えました。

冗談はさておき。
なにか真面目な話をかこうかと思ったのだがなんか疲れたので今日はおしまい。
なんだ今日の更新は。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

暴発。

喜怒哀楽。
 いろんなところでいろいろとドラマチックな日々が続く。退屈なようでそうでないようで。これだからやめられない(なにが?)。そろそろ研究をひと段落させて院試の勉強にとりかかりたいな。そうすれば少し暇になるのだろうか。

手品。
 不思議寄席の様子はYumiが書いてくれたので割愛。AKOさん素敵すぎ。
 かちゃかちゃとリングをいじっているわけだが結局4本に戻ってきた。4本から1本をああしてこうして・・・な感じ。リングって見せ所が難しいね。現象が二つ(繋がる、外れる)しかないけどしばらくかちゃかちゃやるから長い。ホップでやるとそれだけで終わってしまいそうだし。やはりサロンくらい規模でマジックショーの一部としてやるとかしかないのだろうか。
 先日ライターを捻じ曲げてみたのは意外と強烈だったようで少しだけ話題にしてくれてるらしく、他の研究室の先輩に「ライター曲げるんやって?曲げてよ」とかいきなり言われる。もちろんそう簡単に曲がるわけがないので変わりに蛍光ペンを曲げてみた。例の曲げ方なのでなんかますますコメディーマジシャンになってそうな予感。実は割と本格派です。次はなにしようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日)

不思議寄席

こんばんは、Yumiです。
 お久しぶりです。最近はあまり書くことも無いのでおとなしくしてました。今日は遊と一緒に大阪の極楽商店街で開催されたマジックショーに行って来たのでそのレポートなんかを。遊がお世話になってる方主催のイベントらしいです。4回公演なのですがそのうち後半2回を見てきました。印象に残ってる人だけ書きますね。

亞空亞 SHINさん。
 最年少18歳!若!深井さんの弟子らしいです。遊によると彼は某K大さんの一回生らしいです。連盟合宿には来てなかったらしいですけど。
 カードとかゾンビとかやってましたけど・・・えーと思ってたより上手でした、というと失礼かな。手順はカズ・カタヤマさんチックでアピールの仕方はリ・ウンギョルさんという感じでしょうか。腰をぐっとそらせて独特のアピール。勢いがあって素敵です。多少豪快な処理もありましたけど・・・発表会でどんな演技見れるか楽しみです。

深井さん。
 前半はもうこの人の一人がち。さすが世界を舞台に活躍してる人は違いますね。例の指が光る奴(名前なんだったかな?)の手順とお札を使ったクロースアップ。最後はテンポのいい曲にあわせてビール瓶出し。現象がほとんど同じなのに思わす手拍子したくなるほどの演技力はさすがでした。
 助手のキミカさんもまだまだお若いです。助手のあり方に独特の哲学を持っててきちんと練習してるんだろうなぁと。クロースアップの時でも後ろできちんと表情とか演技してるですよ。好き嫌いはあるでしょうけどあれほどサポートする助手は珍しいと思います。きっと仲がいいんでしょうね。

AKOさん。
 遊が以前書いた記事に出てきた(スカートをはかずに)オイルアンドウォーターをやってた人です。今日のMVPはこの人。ぶっちぎり。もう素敵すぎ。私も大拍手でしたけど遊は転げまわる寸前でした。本気でスタンディングしようかと思ったくらいです。何が素敵ってこの人ほど嬉しそうに手品する人見たことありません。パンフによると・・・「魅惑のアジアンガール上陸!ダンシングマジシャンAKO」だそうです。
 この人の手品はこんな感じ。
踊る踊る踊る踊る踊る手品踊る踊る踊る踊る踊る
 面白いのはただでさえ少ない手品で何故か地味な手品をセレクトすること。ロープがつながるとかシルクが出るとか。くす球とか使えば派手になるのにやはり踊りの邪魔になるからでしょうか。なにか哲学があるのかもしれません。
 でもね、そんなことどうでもよくなるくらいこの人のステージ楽しかったです。舞台上でフラフープがまわしだしたときとかもう。見ていて楽しくなる、うきうきする演技ってのはいいですね。ま、激しく好みが別れそうな感じですけど遊と私は一発でファンになっちゃいました。だれか学生であんな演技やってくれないかなぁ。


あとの人はまぁそこそこな感じで。奇術の祭典を少しレベルアップしたような感じかな。手品が好きなら楽しめると思います。500円とリーズナブルですし。私的にはAKOさんだけで十分価値がありました。7月にも開催されるようなので興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。
参考:極楽商店街えびす座

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土)

実験。

すっかり週刊なYモードです。
 最近はYumiが書かないし。

実験。
 微妙に暇、とか書いた先週がうそのように今週は実験しまくり。真空とプラズマがお友達。なんか楽しい。めっちゃ暑いけど。しかし先輩やポスドク、教授たちの研究にかける情熱はすごいなぁ。みんなずっと研究か仕事してる感じ。特に一部の人々は趣味とかないのかしら?と思ってしまう。まぁあれぐらい頑張らないとその世界ではやっていけんのかもしれん。

ジーコ名言。
 サッカー自体はそれほど好きではないのだけれど、日本を応援するのが大好きなのです。北朝鮮戦も後半はしっかり見ました。前半は練習やったからねぇ。無観客試合ということについては「やれやれ」くらいにしか思ってなかったのですが、やっぱゴールの瞬間とかかなりさびしいですね。で、今日某所の記事でジーコがこんなこと言ってるのを発見。「終わったから言わせてもらうがW杯出場が決まるかもしれない試合で、タイの人も日本のサポーターも試合を見られないのはおかしい。別の形で(北朝鮮に)制裁を与える方法もあったはずだ」確かに。北朝鮮への制裁なのに日本までくらってますよね。
 でも紹介したい名言はこちら。ここの記事から。中国人記者から「日本は幸運に恵まれて勝っているだけでは」と聞かれ、「表か裏かしかないコイントスなら幸運で勝つということはあるでしょう。でもサッカーボールは丸いものですよ。だから我々は日々、努力するのです」とこたえたとのこと。うわぁ。内容は良く考えたら普通というか訳解らん気もするけどカッコイイですね。名言です。

手品なことは明日まとめて。明日は少しイベントもあるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 6日 (月)

合宿。

 まぁ大体の事件は某所に記載されてるので私近辺の出来事を。


連盟クロースアップ。
 二週間くらい前は本当にどうなるのかと心配したものですが大変良い出来だったと思います。本番に強いですね。私もいろいろと苦労した甲斐がありましたよ。ちょっと内輪ネタが多かった気もしますけどそれはそれでウケてたみたいなので良しとしますか。ちなみに今回の現象はもっともっと煮詰めればかなり凄い手品になりそうな予感がします。自分でやってみようかと思ったり思わなかったり。そんなこんなで本当にお疲れ様でした。ご苦労様でした。
 関大さんの演技もよかったです。きちんとした手品が見れましたし演出も○。「連盟クロースアップ」らしい演技だったのではないでしょうか。
 近大さんは・・・さすがにシモネタ入れすぎでしょう。もう少し品のある演技をしてください。お客様に失礼な言動も目立ちました。演出の中でやるのなら許される場合もありますが、例え後輩に見せるのであれショーなのですから最低限のマナーは守ってもらいたいです。


スピリタス。
 いわずと知れた95度(?)だかのお酒。舐めると口の中がふわっと熱くなっておいしいのですが、こいつをうっかり飲み込んだ日にはしばらく生死の境目をさまようこと請け合い。文句なしに一番危険なお酒ですね。
 で、話は3年前に遡る。初めて参加した連盟合宿、一発芸絡みで仲良くなった今の近大の連盟委員さんとこんな約束をしたのでした。「次の合宿では二人で一発芸やろう。強いお酒で火を吹こう!」その日のうちにブランデーで実験してみたのですが40度程度では当然火がつきません。「今度なんか凄い酒持ってくるよ!」そう約束して二人は別れたのです。
 ・・・・で今年。机の上に置かれたスピリタスを見て記憶がよみがえりました。「火ぃつくのかな?」てなあたりから話がそっちの方向に向かいだして・・・「やってみるか!」「よし。やろう!」てな具合で。流しのところに行って水も準備。最初に相方がやったのですが火は点かず。なーんだ、やっぱ点かないのかな・・・と思いながら吹いてみると・・・うわぁ!!!まじでびびりました。まさかあんな大きな火がでるとは。昔プロレスの毒霧を練習しまくってた効果が現れたみたいです。ごめんなさい。もうしません。自分でやっといていうのもなんですが合宿では絶対にやらないでください。どうしてもやってみたい人は合宿じゃないときに屋外で水を用意してやりましょう。
 最後にやってみたくて仕方ない人のためにアドバイスしとくと・・・斜め上に向かって吐いた方がいいです。下に向かってやると炎は上に向かうので自分の顔が燃えます。危ないところでした。


交流。
 関大さんのカードの方と交流する。現役時代は全く交流しなかったのにおかしな話だ。いろいろと褒めてくださっていい気になってた上にだいぶ酔っていたので、かなり訳解らなかったんじゃないかと思う。帰ってから「あの人、頭おかしいんじゃねーの」とか言われてなければよいのだけれど。もっともしゃべった内容はよく覚えてるし、それは普段から考えている(自分の後輩にも教えている)ことなので私の正直な考えなのですが。頑張って理解してみてください。思い出すヒントに要点を書いときます。

・止める(現象以外の部分でもきちんと)
・演技の色を意識する
・イメージは具体的なほうがいい(形容詞より名詞)
・自分はカッコイイと思いこむこと
・できるだけたくさん「プロ」の演技を見ろ

 また機会があればお話しましょう。手品も見せてくださいよ!いい演技期待してます。うちの演者も負けないようにしなくてはね。


 それにしてもお酒に弱くなった。昔はもう少し(すこしだけど)強かった気がする。今回はウィスキー飲みすぎが原因だとは思うけど。てか少し酔うたびに誰かが事件を起こして酔いがさめる、醒めちゃったよと思って飲む。その蓄積が一気に来たのではないかと。やれやれ。まぁ翌日に残らないだけましか。
 そうそう近大の連盟委員さんには本当にお世話になりました。ありがとうございました。合宿の運営をほとんど取り仕切っていただいて申し訳なかったです。こういうのは自分が委員になってみないとわかりませんね。毎年合宿できてたのもこうやって頑張ってくれてる人がいたからなのだなぁと実感。ご苦労様でした。

 さて冬はどうなるんだろ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

前夜。

なんか凄いお金が減ってる。勢いってのは怖いですね。

研究室
 なんか微妙に暇。そりゃ探せばやることはいくらでもあるのだけどなんか暇。図書館に抜け出したりして時間をつぶすこともしばしば。なんだかなぁ。そういうオーラを出しまくりながら抜け出して帰る、ということを繰り返してたらようやく先輩からツッコミがきました。やれやれ。
 まぁそういうのを突っ込むタイミングというかなんというか、気配りは部活してるとだいぶ鍛えられるね。特にまとめる立場を経験してると。

そんなこんなで明日から合宿なのである。
 京都のお寺に引きこもって酒を飲みまくりながら人を騙しまくるのだからバチがあたらないほうがおかしい。おまけに今回は委員長として参加ですよ。一応責任者なのかねぇ?まったく自覚がないのだけれども。連盟委員ってのはどこまでボケていいのか悩むね。私も不謹慎なことが大嫌いな性格ですから。
 手品せずに後輩の様子でも眺めながら強いお酒をちびちび飲もうと企んでいたのだが、なんか割と交流しなくちゃいけないっぽい。うちの一回生のマニアとも多少は遊ぶだろうから忙しいね。まぁ合宿にいけるのもあと2回だし、ちょっとは頑張ろうかしら。頑張るといったところで最近はレパートリーが激減中なので別に何をするでもないのだけど。
 今年は誰にも怒らず、誰とも喧嘩せずが目標で。

手品っておもしろいと思う。
手品ってその程度なのかとも思う。
・・・結局は相性の問題なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »