« 2005年8月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年9月 8日 (木)

終リョウ!


Y-mode第2部は今日でおしまいです。数少ない読者のみなさん、本当にありがとうございました。

そんなわけで第3部はコチラ。

ええ、もちろんやめませんよ。更新頻度や内容がどうなるかはわかりませんけどとりあえずポチポチ続けていきます。こちらのページも今月末くらいまではたぶん残ります。でもコメントは新しい方にくれたほうが嬉しいかな。ではみなさん、第3部でお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

台フウ。

実家に帰って、下宿に戻って日常に復帰。再び研究室通いの日々が始まる。

 しばらくメールを見ない間に仕事の依頼がいくつか舞い込んでいた。よくよく考えたら知り合いでもなくて誰の紹介でもない依頼というのはこれが初めてかもしれん。たった数人でも自分のアクトを認めてくれ、お金を払ってでもまた見たいと言って下さるのだからこんなに嬉しいことはない。お金はないけどサービス価格にしておきます。
 しかしながらピンチなのである。台風のおかげで買出しに行けず、材料がそろわない。おまけにお客様との連絡があまり密でないので打ち合わせがしづらい。一人で仕事をうけるとこのあたりがつらいね。

「テクニカルなコインマジック講座」
 遅れること一ヶ月くらい?ようやく購入。DVDがついて3000円しないのだからコイン好きならとりあえず買いでしょう。でもやはり入門には厳しいかな、という感じでした。
 テクニックの項と演技の項にわけられていて、テクニックの項では約200種類くらい解説。凄。よくもこんなに集めたなぁ。まぁ全然読んでないけどそのうちぱらぱら見てみるかな。パフォーマンスは16種。こちらは全部読みまして・・・面白い、やってみたい、出来そうというのは3つか4つらいですかね。3000円ということを考えると大当たりだと思います。ちらほらと練習中。DVDも鑑賞用としてなかなか素敵。
 この本ではやたらと外国のコイン(綺麗なコイン)を使うことを勧めています。勧めるというかなんか日本円至上主義に対して怒ってるような印象すら。いや、実際怒っているんでしょうね。ネットで喧嘩してるのはこういった人たちなのかなぁ。時と場合によって選ぶが当たり前だから議論するだけ無意味だと思うのだけれど。

以下はマニア向けコメント。

 やっぱバック系は好きになれない。技法としては好きで練習はするのですがね、どうしても引っかかるものがある。なんなんだろう。思わず手をつかみたくなってしまうというかなんというか。カードのこて返しに似てるのかなぁ・・・。とりあえず手のひらを改めるためにバックパームを使っちゃいかんと思うのです。移動前に手をあけて見せるとかね。私が連盟でやったアレとかアレとかがきりきりな使い方だと思います。そうそう、DVDに収録されていたヒロサカイさんの演技は解説がないので詳しいところはわからんけど上手い使い方のように思いました。違和感が少なかった感じ。しかし角度に弱そうな気がするなぁ。

 ゴッシュマンピッチ。この技法好きです。まぁ上にも述べたようにあまり使わないのですが。で、この技法といえば日本が誇る天海ペニーなわけですがこの手品(というかあのムーブ)のよさがいまいちわからない。下手な人のしか見てないからなのか?昔ミスターマリックさんが演じておられるのを見たときは確かに不思議でしたがそれほど感動はしませんでした。それ以外に上手なのを見たことがありません。デビットロスさんのクラシックパームを使ったやつも微妙。わかりにくい。この本にも一度だけバリエーションが使われてるのですがこれまた微妙。てかこれは一般の人が見てもなにかやった感は伝わりそうな感じ。
マジェイアさんとこのコインマジック10選に選ばれてるくらいなので素晴らしいマジックなのだろうと思うのですが・・・だれか素晴らしく演じてください。見て見たい。

 そういえばマジェイアさんとこの紹介記事でもそうだったけど「見せます!コインマジックショー!」は無かったことにされているのだろか?あれはあれでなかなかおもしろいのに。


いろいろ書きましたがコインやってみるならこの本は買いです。手順やテクニックが気に入らなくてもいくつか役に立つことが発見出来ると思いますよ。しかしこれでまたお金が減ってしまった・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

宮ザキ。

 宮崎に行ってきました。研究室旅行(工場見学)です。

出発前日。
 合宿の疲れが残ってるので一日休養する手もあったのだが合宿で休暇を使ってしまったので一応研究室へ。メールチェックや情報を集めたりしてすごす。旅行のしおりをもらってパラパラ見てると一日目の予定の隅っこに「プロマジシャン遊によるスペクタクルショー」とか書いてある!やられた。
 晩は飲み会。これまた急な企画で。最近何かの前日になるとやたら飲み会の予定が入る気がする。懐かしい話もあれこれ。まぁわりと楽しく飲めたのではなかろうか。同日同時刻、某所では某を囲む会が開催されてたらしい。すげぇ。


宮崎旅行記。

 7時15分のフライトだったのだが諸々の理由で遅刻きりきり。実に危ないところであった。飛行機で移動というのは実に8年ぶりか。私は飛行機が嫌いだ。事故った時に絶対助からない気がするし、そもそもあんな大きなものが飛ぶというのが信じられない。カパーフィールドのほうがまだ飛べそうな気がする。そんなわけで機内に乗り込んでからも「怖い怖い」と連発してたらスチュワーデスさんがおもちゃをくれた。後でお礼を言ったところ「つい声をかけてしまいました」とのこと。得したのか馬鹿にされたのかなんとも微妙な気分である。

 宮崎は南国な感じ。といっても植物がそれっぽいだけなのだが。工場見学前に青島神社に参拝。阪神ファンの私としては少し抵抗があったが、今年は巨人弱すぎるしまぁいいだろう。清原の絵馬をみたけど「世界平和」じゃなかった。やはり規模がでかすぎたのだろうか。ハート型の貝がお土産に売っていて割と安いので買おうかと思ったのだけれども移動中に壊れてしまいそうなので断念。ハートが壊れると凹みそうだし。やっぱ買っとけばよかったかも。いや、恋のお守りとしてですよ。決して真珠物語みたいな何かができたりしないかなと思っているわけではないのです。

 昼ごはんは宮崎名物冷や汁。冷やした味噌汁みたいなもの(味噌などがそれにあわせた特製のものらしい)を麦を混ぜたご飯にかけて食べる。・・・・・微妙。汁は冷たいのにご飯が温かいから結果的にぬるくなるのだ。両方とも熱いか冷たいかならもっと美味しいかもしれん。一緒に宮崎の地鶏も食べたがこれは抜群にうまかった。そんなわけでお土産には冷や汁よりも地鶏がお勧め。

 午後から工場見学。すごい。いろいろと。ここに書いていいものか迷うので書かないけどあの工場を立ち上げた教授はやっぱすごいわ。

 その後はつり橋にいったりご飯を食べたりと平和な感じ。で、いよいよスペクタクルショーである。一応衣装に着替えて軽く本気モード。手品をするときはどんな時でも気を抜かないのが最近の目標。しかし朝ドタバタしたおかげでシルクを忘れてきたことに気づく。駄目じゃん。
 スポンジボール→ミッキーのパドル→トランプ3つくらいというルーティン。トランプはリセットを最後に持ってきていたのだが最後の改めの時につまってしまい、なんとも後味のわるい終わりかただった。がっかり。それでも一応みなさん度肝を抜かれてくれたようで満足。そりゃまぁ今まではコメディー系とか本当に小ネタしか演じてなかったからなぁ。ちょっとは見直してくれたことでしょう。しかしこれからは研究室の入ってる建物合同での飲み会とかがあれば引っ張り出されそうな予感。やれやれ。

 翌日の午前中は西都原古墳群とその近所の博物館みたいなのを見学。中学高校時代にはこういうのよくいったなぁ・・・。この博物館、なかなか面白かった。非常に一般人ウケを狙ってるというかひたすら歴史のロマンを感じるようなつくりになっている感じ。光や映像を多用してちょっとしたアトラクションみたいで飽きにくい。でもその分内容やわかりやすさがかなり犠牲になっている気がしたけれどああいった感じの博物館があってもいいのではないのかなぁと思う。あの資料館はきっと賛否両論やろうね。高校時代の悪友たちと一緒に行けばみんな大はしゃぎだろうなぁ。昔作ったとあるものに似ていなくもない感じだったから。
 
 この日の昼ご飯は釜揚げうどん。巨人軍の方々がよく来る店みたいで写真がいっぱい。空港でもうどんが売られていたので実は名物なのかもしれん。しかしやっぱうどんは讃岐が一番うまい。讃岐うどんとは目指すところが違うのかも知れないが到底かなう味ではなかった。

 午後からは日高屋というお菓子屋さんに「なんじゃこら大福」という大福を買いにいく。大福の中に苺、栗、そしてクリームチーズが入っているというもの。大阪まで持ち帰って食べたのだが・・・まぁまぁといった感じ。あわないわけじゃないしそこそこ美味しいけどまぁその程度かな、と。苺大福の方がパンチが効いててすっきりしてると思う。先輩は「チーズがあう!」と言ってたので好きな人は好きになるんでしょうね。原案と改案をみたのと同じ感覚が・・・と無理やり手品に絡めておしまい。

 最後に宮崎神宮に参拝。帰りの飛行機の無事を祈っておいたのにめちゃくちゃゆれた。これだから飛行機は嫌いだ。あとせっかく落語を聞いてるのに肝心なところで機内放送が入って聞こえなくなるのにははげしくがっかり。そこらへんを考えて放送してほしいもんです(無茶か?)。

 そんなこんなでなかなか楽しい旅行でした。院試→合宿と続いてなければ疲れもなくもっと楽しめたはず。せっかく九州までいったのだから本当はもうちょっといろいろ見たかったですね。さてまだまだ忙しい日々は続きます。実家→レポート→研究発表会・・・頑張らなくては。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

帰タク。

合宿から帰ってきました。週末やらなんやらまとめて。

前日
 ここの人と飲み会。昼に学食で偶然であって急遽企画される。9月になるともう会う機会がなさそうだったもんで。近況報告なんかをあれこれ。いろいろとかなり頑張ってるみたいです。頑張れ~頑張れ~。私も頑張るよ。


合宿総まとめ

 ショー自体はまずまずでしたね。お客さまも多かったし。予想よりは拍手が少なかった気もしますが、ノビアでウケるにはノビアのお客様を意識した手順にしたほうがいいのかもしれません。

カード
 師匠が5人!これでうまくならなきゃうそでしょって感じで。演者を思う気持ちはみなさん素晴らしく、それぞれの観点から喧嘩しそうになることしばしば。まぁ今回思ったのは某OBが一番バランスとれてるな、と。他の人は(私も含め)何かに偏っている気がします。しかし今回はほんとOBのおかげでできた演技ですね。誇張とかじゃなくて買出しにいける人がいなければ終わってましたから。感謝。
 当日は某メカに振り回されっぱなし。あんな危険なものをよく使う気になるもんだ。威力はすさまじいのですが、あまりに繊細すぎて動かないので「ガラスの○○」と命名しました。まぁ本番動いてよかった良かった。二回目のリハで原因不明の故障が起きたときはどうしようかと思ったよ。いますぐ作り直せ。

レンタカー
 「レンタカー屋集合」ということで行ったら誰もいない。集合の3人が3人とも別のレンタカー屋にむかってたという馬鹿なイベントで幕開けでした。2tトラックは軽トラの親玉みたいなのだろうと予想していたら後ろにコンテナみたいなのが付いていてバックミラーがまったく使えんし。怖すぎ。
 帰り道に意識が飛んであわや大惨事になりかける。睡眠はきちんととって休憩しながら運転しましょう。あと同乗者はなるべく眠らずにお話しましょう。目が覚めたらあの世だったかもしれませんぜ。

夏スラ。
 またコーチに怒られました。予備カードを使う指示をしたあたりは「教えた人が偉い」と言われてご機嫌だったのですが、またしても難し過ぎたみたいです。きちんとした手順を教えていただいたので来年指導する人はぜひ。

天狗じゃ!
 4回生流行語大賞。鼻血出したりベルトを隠したり暇な天狗ですね。

お経。
 怖かったらしい。私は去年も恐怖体験がありました。「あの宿は絶対なにかある」と思います。一人で動くのは控えましょう・・・

短距離走
 帰ってきてからお馬鹿な4回生3人で400m走。おそらく数年ぶりの全力疾走でした。実は4回生の中では私が一番速いのかもしれん。なんてへぼい学年だ。


えーとまだまだあるようなないような。ひょっとしたら追記するかも。
明日から研究し室旅行で宮崎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年12月 »