2005年12月 7日 (水)

Y-mode跡地

ようこそY-mode(第2部)へ。

Y-modeはすでに移転しております。ここはもう更新しません(たぶん)。移転先はこちら→Y-mode

以下は昔の記事へのリンク。お暇なときにどうぞ。

2005年9月

2005年8月

2005年7月

2005年6月

2005年5月

2005年4月

2005年3月

2005年2月

2005年1月

2004年12月

2004年11月

2004年10月

2004年9月

2004年8月

2004年7月

| | コメント (49) | トラックバック (3)

2005年9月 8日 (木)

終リョウ!


Y-mode第2部は今日でおしまいです。数少ない読者のみなさん、本当にありがとうございました。

そんなわけで第3部はコチラ。

ええ、もちろんやめませんよ。更新頻度や内容がどうなるかはわかりませんけどとりあえずポチポチ続けていきます。こちらのページも今月末くらいまではたぶん残ります。でもコメントは新しい方にくれたほうが嬉しいかな。ではみなさん、第3部でお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

院試速報。

マジデヤバイカモシンナイゾ。

続報。なんかもぅやばすぎる感じだけどみんなやばいと信じます。
てか今回は運が悪すぎたよ。
全教科ヤマがはずれるなんて。
まぁ院試でヤマをはるのもどうかと思うのですがね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

院試前夜。

次回予告

うわぁーーー。
まぁ、大丈夫でしょ。
そんなわけで今日は早めに帰って寝ます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

院試前日。

忙しくてもヤバくても

無理してでも遊ぶ!

それが私のスタイル。

そんなわけでなかなかきりきりな感じで院試前日に突入ですよ。かつてのPPPは仲良くそろって同じ日に院試だってさ。へぇ~。終わったら飲みに行こうかね。そんな暇あんのか?

まぁここまで来たら
「配られたカードで勝負するしかない」とか
「信じることがツキを呼ぶ」とかいったギャンブラーの心境で頑張ります。

「見えたものは最大限利用しろ」という心構えはなんか危ない気がしますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

院試追込。

週末ドン。


金曜日。
 工学部は一斉にお休みモードだが我々センターは関係なし。普通に冷房きかせて勉強できちゃいます。そんなわけで前日から泊り込んでお勉強。ようやくテンションが上がってきた。
 夕方からレストランへ。あまり入りたくはなかったのだがこの日に入らないと今月は0になってしまう。そんなわけで仕事へ。お盆ということでやはりお客少なし。見せたのはたった一組だけ。予想してたもののやっぱりがっかり。
 ただその一組に気に入られてお仕事ゲッツ。披露宴2次会だそうな。で、与えられた課題が「バラの花(本物)を一輪出してほしい」。また難しいことを。そのバラをもって新郎が新婦に言葉を送るんだってさ。なかなか素敵な企画だけど責任重大な感じ。ストーンさんのレクチャーノートにそんな現象があったかなぁ・・・。うーむ、何か良い出し方知ってる人がいたら教えてください。


土曜日
 帰宅して朝は家事をあれこれ。昼間ちょろっと練習を見に行く。やっぱ服装も大事ですな。つい技法と表情ばかり重視してしまいがちだけど。
 昼過ぎから川西阪急へ。知り合いのディーラーさん(前々委員長)から「今週の土曜は晒し者になってるから見にきてくれ」というメールがあったので見物に。結構頑張ってお仕事してはりました。ディーラーってのもなかなか難しいですね。驚かすだけでなくて売らなきゃいけないんだから。「私もやってみたい」と思わせる点では新入生勧誘に似ているのかも。スポンジボールとリングがお上手でした。一時間くらい見物&軽くトークした後、隣の店でテディベアの素敵な絵葉書だけを購入して帰宅。手品じゃねぇ。ほんまに冷やかしやな。
 その後研究室にいってお泊り。


日曜日
 朝から少しだけお勉強。あまり効率は良くないものの家にいたら確実に0なんだからまぁよしとしよう。夕方から院試前のラスト仕事。実は一昨日までこの仕事のことをすっかり忘れててかなりテンパリモード。強引に詰め込みました。
 仕事はかなりお金持ちな感じの家のホームパーティー。みなさん品がよろしくてやりやすかったです。ルーティンは後輩がカード主体なのでカード以外な感じで数点。最近気をつけてる「拍手をしっかり聞く」ができたかどうか。カップアンドボールを初投入。初投入だけあってかなりとちった。拍手の量があきらかに少なかったなぁ。現象がきちんとおこってもいろいろなノイズがあると、お客様は敏感に反応するのだと再確認。もっと練習しよう。あとは後輩の演技が昔の自分にそっくりでかなり面白かった。ドカドカ拍手が起こってたのはさすが。

そんなわけであと一週間。今日もお泊り。この生活も悪くない気がしてきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

微分回路。

某所の企画をぱくってみる。
050812_0144.jpg
しかしあれだな、半年以上たっても意外と描けるもんだな。さすがにカラーで大きく速く描く自信はないけど。

・・・そんなことをしているからどんどん間に合わなくなるのである。今日もお泊りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

リラックマ

久々に投稿のYumiです。こんばんは。

遊の院試合格を祈ってリラックマにしてみました!!
・・・・まぁそれだけなんですけど。
これだけリラックマを前面に押し出してる奇術ブログなんてそうないですよ!
右の方にあるドアをクリックするといろいろ見れたりするそうです。

そんなわけで(?)遊が院試で忙しい間はちょくちょく書いていこうかと思います。よろしく~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月 8日 (月)

不休葉月。

週末まとめてドン!(コーナー化)


木曜日。
 テンションがあがりきってしまったので研究室に初お泊り。意外と快適。まぁ夏だし。何より目が覚めてすぐに勉強できるってのが素晴らしいね。院試はまにあわないことが明らかになったので(ヲイ)その中でどう戦うかが課題でしょう。まぁ理科で高得点を狙う方向で。数学は嫌いだ。


金曜日。
 お仕事。船上のマジシャン@神戸。今回はナイトクルーズということでもう感動しっぱなし。お客さまも某大学の医学部パーティーか何かで品のよい&ノリのいい人がほとんどでした。そんなわけで「奇術しててよかった!」という感じ。数ある夢のうちの一つが叶った。写真は夜のポートタワーと海洋博物館。
050805_2127.jpg
 一緒にお仕事したマジシャン(学生マジック出身)に「遊さんはサークルの中ではかなり異端でしょ」とか言われる。・・・ほとんど初対面なのに。別に正統派だとは思いませんがそんなに異端児ではない・・・よね。
 実家に戻って両親と居酒屋へ。まぁいろんな意味で私のベース(価値観)はこの人たちに影響されているんだなぁと。昔は「あまり似てないんじゃないか」とか思ってましたがお互い酒が入るとなんとなくわかるね。話の展開とかが自分にそっくりなことに気づいて驚いてしまった。


土曜日。
 部活。私はチェックが大嫌いなのでそっちのほうは現役師匠に丸投げ。だってさぁチェッ(略)。まぁチェックは学生マジックになくてはならないものなのですがね。センター試験みたいなもんなのかなぁと。昔数学の先生が言ってました。「センター試験なんてくだらんですよ。むしろ害がある。でもね、それでもやらなきゃいかんのです。満点とらなきゃいかんのです。・・・・五右衛門も言うじゃないですか『またつまらぬものを斬ってしまった』
 そんなわけでカードもなんとか無事通過したらしいので後は合宿に向けて磨くだけですな。院試前にどれだけいけるかが問題だわ。
 夜はあちこちいろいろと。某氏(ここ見てんの?)を探し回ったのだが会えず。がっかり。まぁ会ったら会ったでなかなかアレだったかもしれんけど。やはり技法と表現は進化し続けるものなのだなぁって感じで。


日曜日。
 朝から船上のマジシャン2日目。ええい忙しい。院試2週間前だというのに。まぁこれが終わればしばらく船に乗る機会はないかな。お客様が少ない&テンションが低い感じだったので仕事としては可な感じでした。難しいなぁ。無理やり盛り上げるのもできなくはないけど空回りしそうだし(←盛り上げれてない)。そこらへんはやはりパフォーマーの方が上手なのかなと思ったりもするのですがどうなんでしょ。
 まぁお客さんが少なかったので一昨日仕事をした人と色々トーク。貴重なサロンネタを伝授していただきました。これは使える。とりあえず仕事用に練習するとしてサロン見せでもやってみようかな。すごいスピードで終わってしまうのでうちの舞台に使うなら少し改良がいりそうやけど。


そんなわけであと2週間、頑張りまする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

中国金輪。

@研究室。
 今日はよく勉強したと思うので少し手品な話をしてみよう。手品な話をするとどこまでネタにせまる記述をしていいものか迷うが、まぁほとんど手品関係者しか見てないだろう。・・・それでもやはり気を使ってしまいますな。

 最近チャイナリングを演じることが多くなった。別にリクエストされるわけではなく、単に人に見せる練習をしたいのと、ホップからサロンまで対応できて使い勝手ががいいからだ。そんなにかさばらないし、角度にも強い。若い人からお年寄りまでみんなにうける。これほど便利な手品はそうないんじゃないだろうか。

それはさておき。
 私は渡せる手品が好きだ。何も「道具はすべて改めろ」といいたいわけではないが、クライマックスで渡せない手品はどうも嫌いなのである。大きくなったウサギを、あるいは大きくなったコインをひょいと渡してあげるのとあげないのとでは大きな差があると思う。何より「貸して」と言われて渡せなければその演技の効果は激減だ。ステージ上(クロースアップの場合はマット)に手を伸ばすのはマナー違反だが、そんなこと言ってたら子供や酔っ払いには見せられない。それに私が観客の立場ならやっぱり触りたい。
 そんなわけで私のやる手品の多くは「クリーンクライマックス」(勝手に命名)に基づいているのだが、じゃあチャイナリングはどうなのよ、というのが今回の話。

 「そんな必要なんかない、手順の中で十分に改められているし、途中で渡してさえいる。それでもなおリングを調べさせろと言われるのは演者が下手なだけだ」ごもっとも。私もそう思ってたし、リングを演じる多くの人はこの意見だろう。きちんと改めている人はほとんど見たことがない。今まで見た中で改めている人は二人だけ。一人はうちのコーチでもう一人はこの前レクチャーしてくださった尾崎さん。このお二方の手順だと一応すべてのリングを示せるのだが、二人ともレクチャー手順だとしか思えない。結局最後にDは残しているのだ。実践でやると「○○○!」という突込みが絶対にくる。たとえ突込みがこなくても何か違和感があって私は耐えられない。

 きちんと手順を組めば完全にクリーンに終われるのである。しかもたいして難しくない。だったらそうすればいいんじゃないかと。自分から「調べますか」と言って調べさせる必要はまったくないと思うが、「貸して」といわれたときに渡せる準備をしておくべきじゃないのか。それによってよりいっそう不思議になるのじゃないのか。
 ・・・・と最近ずっと思ってるのだが誰もそんなことはやってない。これは単に面倒だからか?それとも何かほかの理由があるのか?

 まぁとか言いながら私も普通の手順しかやってないのだが。それは単にお金がないからです。えと、誕生日は来月の・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

営業メモ | 日記・コラム・つぶやき